So-net無料ブログ作成
広告スペース

シャーロットのおくりもの あらすじ

シャーロットのおくりもののあらすじです。

シャーロットのおくりものはクモの巣に浮かび上がった4つの言葉が、
人や動物たちの心を動かしていく愛の物語。

テ-マはずばり、生命の輝き。

感動的なファンタジー世界に入ることでしょう。


ある田舎町のある農家の母ブタが11匹の
子ブタを産んだのですが、乳は10個しかなく、最後に生まれた1匹は
満足に乳を飲むことさえできないでいた。

その農家の娘、ファーンはそのブタをウィルバーと名付け
自分の子供のように育てていくが、やがてザッカーマン農場に預けられることに。

ウィルバーがそこで出会ったのが、1匹のクモだった。
名をシャーロットといった。

そして2匹は仲良しになっていくが、ウィルバーの運命は
クリスマスのハム。

脅えるウィルバー。
そんなウィルバーへシャーロットが守ってやることを約束。

そして、自分の巣に「特別なブタ」と綴り、ウィルバーを助けようとする。

また、ウィルバーがピンチの時は、必ずシャーロットが
自分の命までも投げ出すかのように文字を綴りウィルバーを助けていた。

そんなある日、ファーンがウィルバーを助ける方法を思い付いた。

町で家畜の品評会があるので、それでウィルバーが優勝できれば
ハムにならないで済む
と思ったのだ。

この頃、シャーロットには新しい命が宿っており
無理がきく体ではなかった。

しかしウィルバーとの約束を果たすため、品評会へ出席することにした。

品評会の結果が発表される前日、シャーロットは
朝から綴る言葉を探していた。

そして翌朝、品評会の当日、奇跡が起こったのだった。


ブタとクモの相手を思う健気な心が感動的です。

命に人間もブタも虫もありません。

命は命、計り知れないものなのですから。



シャーロットのおくりもの スペシャル・コレクターズ・エディション


nice!(0)  トラックバック(0) 
Copyright © トトロ日記 All Rights Reserved.
アルバイト求人情報

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。