So-net無料ブログ作成
広告スペース

ジブリ コクリコ坂から あらすじ

ジブリ映画 コクリコ坂からのあらすじです。

7月16日に公開開始の ジブリ映画「コクリコ坂から」の
あらすじは次のようになっています。



岡への坂を登ったところにあるコクリコ壮。

コクリコ壮を営むのは小松崎良子で娘の海は女子高校生。

海の日課は、航行の無事を祈る信号旗を揚げる事。
そしてその信号旗をボートの上からいつも見ていたのが
同じ高校に通う風間俊。

時代は、オリンピックが日本で開催される前年の1963年。

古いものは捨て、新しいものだけを求めた時代。

海と風間俊が通う高校も例外ではなかった。

部室に使われていた建物が取り壊されることが決定。

海と風間俊らは反対運動をしていく。
そうするうちに、2人は互いに魅かれあう。

しかし2人には試練が待ち構えていた。

その試練が2人の心に重く圧し掛かる。

2人はどんな結論を出すのか?



主題歌は手嶌葵の「さよならの夏~コクリコ坂から~」です。↓

【送料無料】さよならの夏~コ...

【送料無料】さよならの夏~コ...
価格:1,000円(税込、送料別)


【送料無料】さよならの夏~コクリコ坂から~

原作は、「コクリコ坂から」という少女コミックだとか。

【送料無料】コク...

【送料無料】コク...
価格:924円(税込、送料別)


【送料無料】コクリコ坂から


かけマージャンの後始末や生徒手帖が担保など、
話を現代っぽくしようとしているようです。

nice!(0)  トラックバック(0) 
Copyright © トトロ日記 All Rights Reserved.
アルバイト求人情報

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。